義経スロットマシン

正栄プロジェクト

社長挨拶

プロフィール

代表取締役
代表取(qu)締(di)役 美山正広(みやま まさひろ)
  • 1966年生まれ。 広島県出身。
  • 85年SANKYO入社。
  • 89年正栄商事入社。
  • 92年正栄プロジェクト設立。
  • 一般社団法人日本遊技関連事業協会理事
    北海道支部支部長
  • あすか信用組合理事
  • 一般社団法人教育文化振興会理事
  • 公益財団法人北海道移植医療推進財団評議員
  • 小樽カントリー倶楽部理事

インタビュー・メッセージ

2023年。企業としての理念体系を更に深化させ、新たなステージへ進む、正栄プロジェクトグループ。
なぜ、このタイミングで未来への大きな決断をしたのか。その根底を流れる、美山社長の想いとは。

コロナ禍(huo)。僕らのような余暇産業(ye)は、不(bu)要不(bu)急(ji)(ji)と断定されました。でもそのとき、ひとつの疑(yi)問が沸いたのです。それは「人(ren)(ren)間(jian)の豊かさって何(he)(he)なのだろう」という疑(yi)問です。生(sheng)存(cun)するために人(ren)(ren)間(jian)の行(xing)動が拘束され、そういう中で人(ren)(ren)間(jian)はどのように豊かになっていくのだろうと。そう考えたとき、これは何(he)(he)かサインなのでは?と、今(jin)後会(hui)(hui)社を発展(zhan)させていくうえで、もう一回、何(he)(he)のために我が社があるのかということを見(jian)つめ直(zhi)す機会(hui)(hui)を与えられたのでは?と感じたのです。 そして、改めて思ったのが、安全(quan)な社会(hui)(hui)においては、いま「不(bu)要不(bu)急(ji)(ji)」と言(yan)われているものにこそ、本来の豊かさがあるのではないか、ということです。たとえば、洗剤やトイレットペーパーを買いに行(xing)ってワクワクする人(ren)(ren)はいないかもしれない。でも、いくつも持っているのに靴やバッグや服(fu)、嗜好品を買いに行(xing)くときはみんなワクワクする。言(yan)ってみれば、そういう買い方は「無駄(tuo)」かもしれない。でも「無意味」か?と言(yan)えばそうじゃない。無駄(tuo)なものを買って、みんなすごくワクワクしている。それは明日(ri)の仕事を頑張(zhang)る力や、自(zi)分を高めようというエネルギーになる。だから、不(bu)要不(bu)急(ji)(ji)や一見(jian)無駄(tuo)と言(yan)われるものにこそ、実は人(ren)(ren)生(sheng)を意欲を沸き立(li)たせる「豊かさ」が存(cun)在するのだと思うのです。そして、私たちはそういう仕事をしているのだ、ということを再確認しました。

あそびをたくらむ。あそびでかなえる。
新たな理念の軸となる「あそび」という言葉。正栄プロジェクトグループが考える「あそび」とは。

「あそび」とは豊かさです。情熱であり、熱意(yi)(yi)であり、意(yi)(yi)欲であり、世の中(zhong)の人(ren)(ren)々に生(sheng)きる力をもたらすものです。人(ren)(ren)が「あそび」を通じて豊かな体験を実感(gan)できたら、自分(fen)の人(ren)(ren)生(sheng)の大切(qie)さというものが理解できる。つまり「あそび」とは、自分(fen)の人(ren)(ren)生(sheng)には意(yi)(yi)味があるのだと、生(sheng)きる価値があるのだということを実感(gan)する瞬間であり、明日もっと自分(fen)を成(cheng)長(chang)させよう、という思いをつくりだす根源なのです。

「あそび」に、「たくらむ」と「かなえる」という言葉が掛け合わされ、キーワードとなっている。

「たくらむ」というのは、こうなったら面白いんじゃないか?驚(jing)いてくれるんじゃないか?と未(wei)来(lai)を思い描(miao)く時間(jian)を持つことです。そして、思い描(miao)くことでいろんな選択肢(zhi)(zhi)や方法論や可(ke)能性(xing)を手に入れることができます。そして、今は無いものを「たくらむ」わけですから、さまざまな選択肢(zhi)(zhi)を考(kao)えなければいけない。ああやったら、こうやったらできるかもと、常に考(kao)えなければいけない。はじめは、こんなことできるわけないっていう妄想でも、あれっこれだったら?という可(ke)能性(xing)や選択肢(zhi)(zhi)、通ったことのない一つの道が見(jian)えてくる。当然、多くの場合(he)、それを通って痛(tong)い目にあうわけです。失敗して、うまくいかない。でも、もう一回そこからやればいい。「たくらむ」こと、その繰り返しでしか未(wei)来(lai)は実現できないわけです。

正栄プロジェクトグループが「かなえる」未来とは。

私たちは、「たくらみ」そして「かなえる」ことによって、「あ、こんな喜びがあったんだ」と、気づいてくれる人を少しでも増やしたい。些(xie)細なことでも「嬉しいな」という喜びを、一つでも二つでも三つでも多く届けることによって、その人の人生に、豊かさや意欲や熱意を増やすことができれば、と考えています。そして結果として、正(zheng)栄プロジェクトグループに「出(chu)逢ってよかった」と、「ここにつくってくれてよかったよ」と、そういう言葉を生み出(chu)していきたい。地域に、社会(hui)に必要とされる存在になっていきたい。そして、正(zheng)栄プロジェクトグループがやることなら「ああ、それは面(mian)白そうだ」「安心(xin)だね」と、思(si)われること。そして、その期(qi)待を「かなえる」こと。それが、最良(liang)の未来像だと、そう思(si)います。

理念体系

代表取締役

理念

あそびをたくらむ。
あそびでかなえる。

「あそび」って、なんだろう?
たとえば。人が「生存するため」だけを目的としたなら、あそびは、必要か? 答えは、ノーだ。

でも。人が「生きるため」としたなら、どうだろう?
そこには、今日を充実したものとし、明日が楽しみになるような、そんな「生きるためのチカラ」が必要じゃないか?

そう。私たちは、「あそび」が、人生に豊かさをもたらし、みんなの「生きるためのチカラ」になることを、知っている。
「あそび」が、意欲や熱意を生み、いくつになっても人を動かし、元気へとつながることを、知っている。

正栄プロジェクトグループは、約束する。
私たちは、「あそび」をクリエイトし。「あそび」の概念を破壊し、進化させつづけ。
「あそび」で課題を解決する。「あそび」で日本の未来を幸せにする。

私たちは、未来への幸せな妄想を、その実現までを「プロジェクト」と捉え。
新しい「あそび」が生み出す新しいトキメキをトコトンたくらみ、設計しトライする。カタチにする。
そう。正栄プロジェクトグループは「あそびのプロジェクト・カンパニー」なのだ。

そして。正栄プロジェクトグループのすべての社員は、そのひとり一人が、
未来のあそびをつくり、人々の笑顔をつくる「あそびデザイナー」であり「あそびプロデューサー」なのだ。

さあ、今日も幸せな妄想をしよう。あんなことこんなこと、たくらみまくろう。
そして、私(si)たちがつくるまったく新しい「あそび」の世界(jie)で、さあ、あの人の笑顔を、かなえよう。

信念

人間は出逢いによって変わる。
人間のよろこびは、
出逢いからしか生まれない。

私たちは、考える。
あの人は、どうしたらワクワクしてくれるだろう?安心してくれるだろう?と。

私たちは、カタチにする。あの人が、お客様が、ともに働く仲間が、地域の人々が、家族が。
出逢ったそのすべての人々が、よろこんでくれることを。

そして。私たちが届けたよろこびは、必ず、大きなよろこびとなって、返ってくる。
ありがとう、というコトバとなり、笑顔となって、返ってくる。

もちろん。出逢いは、よろこびだけをもたらすものではない。出逢うことで生まれる、悲しみや苦しみ。怒りだって存在する。

でも。そんな出逢いがあるからこそ、人間は、そのすべてをエネルギーに変えて、成長する。変わることができる。

私たちは、出逢いを、目の前の人を、これからもずっと大切にしていく。
もっともっと大きなよろこびを感(gan)じ、豊かに生きることができると信じて。

コーポレートロゴ

いろいろなことに疑問を持ち、見方を変えて、新しい発想を生み出す。

反対側から見た「?」と「!」に見えるシンボルマークは、「S」をモチーフに、私たちの意志をかたちにしています。

小さなあそびのたくらみから大きなアイデアが生まれる。世の中に大きな影響を及ぼす。今日よりも大きな明日へ成長する。

私たちはこのシンボルを、エクスクラメーションマークをフィーチャーした「S-clamationマーク」と呼びます。

それは正栄プロジェクトグループから生まれる感動を意味します。

2つのフックは生活者と私たちの出会いとつながりも表しています。

清らかな「クリアグリーン」はいつも正しく潔くあるという私たちの変(bian)わらない姿勢を表した色(se)です。 

PAGE TOP